WORKS

ARコンテンツ「Reverse Reality ~KABUKI Performance “Shakkyo”~」

2021年1月15日(金)、エンタテインメントと先端技術を掛け合わせた「未来の観劇体験」をテーマにしたアプリ「INTO by Shochiku」、さらにそのアプリ内で楽しめるコンテンツとして「Reverse Reality ~KABUKI Performance “Shakkyo”~」を同時リリースいたしました。このコンテンツでは、AR(Augmented Reality:拡張現実)技術により、体験者のスマートフォンやタブレットのカメラ越しに、片岡愛之助扮する獅子の精が出現し、目の前でその舞踊や、蝶や牡丹の舞う空間演出を味わうことができます。
愛之助が披露するのは『石橋』を題材とした約6分間の舞踊。ボリュメトリックキャプチャ技術を用い、愛之助の実際の動きを撮影した映像から 3Dデータを生成することで、立体的な映像表現が可能となりました。表情や毛の流れといった細部まで再現されており、360°の自由な視点から楽しむことが可能です。 伝統芸能である歌舞伎と最新のAR 技術を融合させることによって、時間や場所を問わずに観劇体験ができる、歌舞伎の新しい楽しみ方が誕生しました。
このARコンテンツについて、愛之助は、「特に若い世代の方々にぜひ体験していただきたいと思います。一人でも多くの方にこのコンテンツを通じて歌舞伎の魅力を知っていただき、“今度は生の舞台を観てみたい”と思っていただけたら大変うれしく存じます」と、コメントを寄せています。リアリティあふれる舞踊の映像を、PCやタブレット向けに配信される特別な背景映像と組み合わせて鑑賞することも可能という本コンテンツ。
詳細はこちらからご確認ください。